タグ: 卓上アンプ

1 / 212


工場内において卓上アンプと有線接続のスピーカーを使用して呼び出し放送

【ご質問】
現在、工場内において卓上アンプと有線接続のスピーカーを使用して呼び出し放送をしています。
工場敷地遠方(卓上アンプより120m程)にスピーカーを増設したいのですが既設アンプに楽ちんワイヤレスシステム送信機を接続して送信し、受信機にアンプ内蔵スピーカーを接続して使用する事は出来るでしょうか?

お客様がワイヤレスを希望する理由は有線設備と比べて、工場より遠方地までの配管、配線工事代金が不要と思われたからのようです。以上、宜しくお願いします。

【回答】
簡単ワイヤレスシステムは、300MHz帯のワイヤレス機器ですが、こちらの機器は、電波の届く距離が見通しの良いところで、30~50m程度(カタログスペック)となっております。スピーカーの距離まで120mとのことですので電波が届かないと思います。

⇒ 楽ちんワイヤレスシステム

有線で放送スピーカーを引く方が無難だと思います。

卓上アンプ FA-101 背面AUX入力端子と外部機器AUX出力やイヤホン出力端子を接続

【ご質問】アンプ背面マイク端子とAUX端子
卓上アンプ FA-101 を外部機器と接続する方法を教えて下さい。

【回答】
アンプ FA-101 の背面にAUX入力端子がございます。形状はピンジャックになっています。

このアンプ背面AUX入力端子と外部機器AUX出力やイヤホン出力端子を接続します。

卓上アンプ FA-101の付属品として、ケーブル無しピンプラグ1個付属しています。付属ピンプラグ

付属品のピンプラグでは半田付けする必要がありますので、一般的には市販品の接続ケーブルをご用意された方が賢明です。

さほど珍しいケーブルではないので最寄の家電量販店等での入手はたやすいと思われます。

【追記】 2015年3月
簡易放送アンプ FA-101 は完売しました。後継機種は、NT-102ACとなります。

⇒ 簡易放送アンプ・放送装置の詳細

卓上放送アンプFA101に接続するボックススピーカーなら NZ-S12E

【ご質問】
卓上放送アンプ FA-101 にボックススピカーは接続できますか?卓上アンプ FA-101

【回答】
はい。できます。
卓上放送アンプ FA-101に接続できるスピーカーは、合計インピーダンス4Ω~16Ωで7W以上のものです。
壁掛けスピーカー NZ-S12E8Ω10Wの壁掛けスピーカー NZ-S12E を1台または2台接続できます。2台を並列接続した場合のスピーカー合計インピーダンスは4Ωになります。

NZ-S12E 主な仕様
定格入力:10W
周波数特性:130Hz~12kHz
インピーダンス:8Ω
SPL(1W.1m):90dB
材質:ABS樹脂
質量:約700g
寸法:270×200×D87/55(㎜)
MODEL:NZ-S12E
NANZUブランド

【追記】 2015年3月
簡易放送アンプ FA-101 は完売しました。後継機種は、NT-102ACとなります。

⇒ 簡易放送アンプ・放送装置の詳細

簡易放送アンプ FA-101 のスピーカー接続方法は『アンプ出力≦スピーカー入力』

【ご質問】
簡易放送アンプ FA-101 のスピーカー接続方法を教えてください

【回答】
アンプ背面にビス止めとなります。適合負荷インピーダンスは4オーム~16オーム、定格出力は7Wです。 アンプ出力≦スピーカー入力 となるようにスピーカーを選定してください。FA-101の場合、接続できるスピーカーの合計インピーダンスは4オーム~16オームで7W以上です。アンプ背面のスピーカー接続端子

スピーカー2台を接続の場合
例えば、8オーム10Wのスピーカー NZ-S10 ×2台を並列接続した場合のスピーカー入力は合計インピーダンス4オームで20W相当となります。(FA-101に接続できます)

FA-101 の主な仕様
定格出力:7W
負荷imp:4Ω(適合負荷インピーダンス:4~16Ω)
入力回路:MIC、AUX共に音量調整器付き
マイク 2.45mV(-52dBV)600Ω~50kΩ不平衡型(標準ジャック)
AUX 77.5mV(-22dBV)50kΩ不平衡型(ピンジャック)
電源:AC100V 50/60Hz
信号耐雑音比:60dB以上
使用温度範囲:-10℃~+50℃
寸法:幅154×高さ60×奥行140mm 質量:約1.2kg
音量調節器付 noboru製

【追記】 2015年3月
簡易放送アンプ FA-101 は完売しました。後継機種は、NT-102ACとなります。

⇒ 簡易放送アンプ・放送装置の詳細

1 / 212