タグ: スピーカー

1 / 1912310最後 >>


緊急地震速報機に外部スピーカー(防水仕様)を直接接続したいが推奨スピーカーは?

【ご質問】
緊急地震速報機を購入し、アンプを経由せず、直接外部スピーカー(防水仕様)に接続し出力したいと希望しています。貴社の製品ラインナップの中で使用目的に該当する製品があるかどうか教えて頂けませんか?

速報機本体の側面にφ3.5モノラルミニプラグを接続する外部音声出力端子が1ヶ所ついており、そこからモノラルケーブルを使ってスピーカーに接続したいのですが、スピーカー側の入力端子がどういう形状になっているか、又本体の定格電力が3Wで、アンプを内蔵していないスピーカーの選定としてインピーダンス8Ω以上との指定があり、その条件にあうかどうか、についても合わせて回答をお願いします。

【回答】
8Ωの防水スピーカーですと、NZ-S10(10W 8Ω)が該当します。

防水スピーカー NZ-S10⇒ ホーンスピーカー NZ-S10(10W 8Ω)

ご指定の緊急地震速報機の仕様を確認してみましたが、最大出力1.2Wとありましたので、仕様的には問題なく接続できます。

ただ、NZ-S10のようなスピーカーは、一般的にスピーカーケーブルは切りっぱなしです。φ3.5mmのミニジャックに接続となると、接続プラグ等の取り付け加工が必要になります。

緊急地震速報機の拡声出力が1.2Wですので、スピーカーが10Wでも1.2W程度の音量でしか拡声出来ません。それほど大きな音量では無いですね。

ローインピーダンス(4~8Ω)の場合、スピーカーケーブルのロスが多きものですから、ケーブルが長くなると音が小さくなってしまいます。スピーカーの設置予定の場所が離れているようであれば、アンプを介してスピーカーに繋いだほうが賢明ではないかと思います。大きな音量で拡声したい場合も同じくアンプを繋ぐ必要がございます。

⇒ PAアンプシステム 各種

その他、不明な点などございましたら、お気軽にお問合せ下さい。

郷土芸能を行っているが唄が聞こえないと言われることが多く困っていました


パワギガ+ ボックス

郷土芸能を行っているが唄が聞こえないと言われることが多く困っていました。

同様の製品を使っているところを実際に見て、さらにインターネットで捜して15Wと容量(音声出力)の大きなパワギガ+を試してみることにしました。音量が大きく、マイクスピーカーを近づけすぎるとハウリングを起こすので、ある程度は離す必要がありますね。
S葬祭社 鈴木さま

※パワギガ+は完売しました
後継機種は
⇒ 手ぶら拡声器8 パワギガE(エクストラ) 詳細

多機能型PAアンプ BX120DA-PC にトランス内蔵20Wスピーカーを2台接続、出力レベルの調整は?

【ご質問】
多機能型PAアンプ BX120DA-PCトランス内蔵20Wスピーカーを2台接続して使っています。音が歪みますが、本体には出力レベルを示すメーターのようなものは付いていなかったような気がします。どこを見れば良いか教えていただけますか?
また、入力レベル(内蔵CDプレーヤーの出力)とアンプの出力レベルの調整について、具体的な調整方法があれば教えていただけますか?

【回答】出力レベル表示灯
放送アンプ前面パネルの向かって右上に『出力レベル』と書かれた下に、5つのレベル表示灯があります。下4つが緑、一番上が赤になっております。

緑色の表示灯の範囲が適正範囲で、赤色のランプが常時点灯しないように音量を調節してください。CDプレーヤーの音量も適当な音量に調節してください。レベルが赤色になっているような状況ですと、スピーカーにとっては過入力となっておりますので、音割れや歪がでるような状況になってしまいます。

適正範囲のレベルでの使用で、必要な音量が得られない場合には、スピーカーの増設が必要かと思います。アンプが60Wで、現在20Wスピーカーが2台で40Wですので、20Wスピーカーがもうひとつ追加できます。
それで、60W分の音量で拡声出来るようになります。

⇒ ラジオ体操放送や学校チャイム・定時放送ができるマイクアンプの詳細

卓上アンプのスピーカー接続方法は背面の端子カバーを外して、接続端子にビス止め

【ご質問】
卓上アンプ NAC-2021B のスピーカー接続方法を教えてください。

【回答】
アンプ背面の端子カバーを外して、スピーカー接続端子にビス止めとなります。このアンプはハイインピーダンススピーカローインピーダンススピーカに対応していますが、ハイとローの両方を同時に接続することはできませんので、ご注意ください。

▼ハイインピーダンスの場合
ハイインピーダンススピーカを接続するときは、スピーカの合成インピーダンス が500Ω以上になるように接続します。写真の「0」と「500Ω」の端子に接続します。「4Ω」の端子は使いません。

▼ローインピーダンスの場合
ローインピーダンススピーカを接続するときは、スピーカーの合成インピーダンスが4~16Ωになるように接続します。「0」と「4Ω」の端子に接続します。「500Ω」の端子は使いません

1 / 1912310最後 >>