タグ: シンポジウム

1 / 11


パーキンソン病のシンポジウムで知った、喉マイクより、口元のマイク(ハンズフリーマイク)が

パワギガ+ ボックス
病気のため、声が出ずらい、声がちいさいと言われたし、自分でもそう思いました。また、主人とのコミュニケーションが取れなくなりそうで困っていました。

パーキンソン病のシンポジウムで手ぶら拡声器(パワギガ+)を知りました。その場で、すぐに試して喉マイクより、口元のマイク(ハンズフリーマイク)の方が良さそうと、そこまで決めて無料サンプルの送付をお願いいたしました。

とても良い。とても助かりました。ありがとうございました。
松村さま

⇒ 手ぶら拡声器5A(パワギガ+)の無料サンプル品

全国パーキンソン病友の会 全国総会・広島大会へ協賛 ~身障者を応援しています~

なんず ロゴ
全国パーキンソン病友の会 全国総会・広島大会 2012年6月18日(月)~19日(火)へ協賛させていただくことが決定致しました。弊社におきましては、パワギガPLUS咽喉マイクの展示をさせていただく予定です。

パーキンソン病の患者さまは声が出にくい症状があるため、パワギガPLUS咽喉マイクがお役にたてる可能性がございます。また、日常生活用具(携帯用会話補助装置)としての支給実績も増えています。

なお、シンポジウム当日は京都大学iPS細胞研究所所長 山中伸弥教授の講演もあるそうです。
『iPS細胞がつくる新しい医学』
6月19日(火)10時30分~11時45分

⇒ 手ぶら拡声器5A(パワギガ+)の無料サンプル品

1 / 11