タグ: ショルダーメガホン

1 / 212


ちっちゃなミニマムサイズ小型ショルダーメガホンがリニューアル、音声出力は定格18W、最大25W

サイレン付きショルダーメガホン NZ-583MSW
小型ショルダーメガホン NZ-583MSW がリニューアルされました。外観は変わりませんが、音声出力がアップされて定格18W、最大25Wとなりました。

ちっちゃなミニマムサイズでも大音量
肩掛式メガホンとしては最小クラスのサイズです。日々のスポーツの練習・トレーニング、遠足・ハイキングなどのイベントに。またマイク放送の他にサイレン機能ホイッスル機能も付属するため、防災用・防犯用としても活用できるショルダーメガホンです。

小型でもパワフルボイスを実現
コンパクトボディでありながら定格18W(最大25W)を実現、音声通達距離は約600mのメガホンです。

サイレンとホイッスルが付属
サイレンは消防車のような「ウゥーウゥー」の繰返し、ホイッスルは甲高い笛のような「ピィー」音が鳴り響きます。弊社取扱いメガホンの中でもショルダータイプでサイレンとホイッスルの両方が付属するのはこの機種だけ。

⇒ 小型ショルダーメガホン NZ-583MSW の詳細

トラメガやマイクなどをデモ行進や国政選挙の駅頭スピーチで使いたい


パワーギガホン

トラメガマイク駅頭など、どれにしようか迷っていました。
ネットを見て、手ぶら拡声器4Dパワーギガホンの無料サンプルなら、返送料だけでいいという事でレンタル料が掛からないので、すぐ利用しました。

私はデモ行進の時や国政を目指すため、駅頭などのスピーチで使えるかと思ったのですが、音が思ったより小さく感じられました。


【補足説明】
無料サンプルのご利用ありがとうございました。
屋外の街頭演説などでは、パワーギガホンより音量の大きなパワギガ+の方をお勧め致します。音声出力として約2倍となっていますので。

雑踏の騒音の中で、さらに大きな音量が必要な場合は、ショルダーメガホンなどをご検討下さい。こちらは寸法が大きく充電仕様ではありませんが、選挙用として実績の高いメガホンです。

⇒ 手ぶら拡声器4D(パワーギガホン)の詳細
⇒ 手ぶら拡声器4(パワーギガホン)レンタル詳細
⇒ 手ぶら拡声器5A(パワギガ+)の詳細
⇒ 手ぶら拡声器5(パワギガ+)レンタル詳細
⇒ 選挙演説用メガホンハイパワーメガホンの詳細

サイレン付き、ホイッスル付き小型ショルダーメガホン NZ-583MSW の寸法

【ご質問】ショルダーメガホン NZ-583MSW
サイレン付き、ホイッスル付きの NZ-583MSW は小型ショルダーメガホンとありますが、具体的な寸法を教えて下さい。

【回答】
ラッパ部分は角型で口径の寸法は120×120mm、長さは250mm。弊社取扱いのショルダーメガホンとしては最小サイズです。
なお簡易写真で相対的な大きさが判りやすいようにしたメガホン・ハンドマイクの大きさ サイズ比較もご用意していますので、ご参考ください。

ショルダーメガホン NZ-625 はハンドメガホン兼用、音量調整はカールコードマイクの側面

【ご質問】ショルダーメガホン NZ-625
ショルダーメガホン NZ-625 はハンドメガホン兼用タイプとのことですが、ハンドメガホンとして使う方法を教えてください。

【回答】
標準付属マイク(カールコードマイク)を写真のようにメガホン本体の後部へ取り付けます。グリップを握って持つとハンドメガホンとして使うことができます。
このとき、グリップ部のスイッチでマイクのON/OFFができます。音量調整はカールコードマイクの側面で行います。

1 / 212