タグ: オペレーター

1 / 11


他のイベント会場でオペレーターがパワギガプラス使用しているのを見て

パワギガ+ ボックス
他のイベント会場でオペレーターが使用しているのを見てパワギガプラスを知りました。

ホームページ(なんず)を確認し、実際に商品を確認したいと思っていたところ、無料サンプルの制度があることを知ったので、すぐに利用しました。

実際に使ってみたところ、フリーハンドでとても声が良く通り良かったです。 F学校 Iさま

⇒ 手ぶら拡声器5A(パワギガ+)の無料サンプル品

窓口業務用マイクシステム(窓口用インターホン)の高感度ピンマイク SD-2002TP

sd2002tp
窓口インターホンのピンマイク
窓口業務用マイクシステムとして実績の高い窓口インターホンのオプションマイクロホンです。

窓口用インターホンに標準付属の卓上型マイクは固定されているため、オペレーターが動くと(口元から離れてしまい)音声の拾い方にムラが起こります。

一方、クリップ式マイクロホンなら常にオペレーターの胸元へマイクが固定されているため、口元と一定距離を保てます。

高感度のためハウリングに注意
口元からある程度の距離を想定しているため、マイクの感度特性が良く、音量を上げた時はハウリングの影響を受けやすくなっています。使い方のコツとして、極力マイクロホンを口元近くへ固定して、必要以上に音量を上げないようにすると良いでしょう。

パワギガ+ NZ-640-A でも使える
人気の手ぶら拡声器シリーズ第五弾パワギガ+ NZ-640-Aの MIC ジャックへ接続して使うこともできます。但し、マイク感度の特性が異なり(感度が良すぎ)ますので、音量調整にご注意下さい。

【追記】 2015年2月1日 SD-2002TPは完売致しました。

チケット売り場で貴社の窓口用マイクシステムを利用。オペレーターが使えるマイクの種類は?

窓口用インターホン
【ご質問】
宝くじのチケット売り場で貴社の窓口用マイクシステムを利用しています。オペレーターが標準付属の卓上マイクロフォンに向かって話しをしていますが、他の形状のマイクはどのような種類があるでしょうか?

【回答】
窓口用インターホン SD-2002C-PLUS のご利用ありがとうございます。標準の卓上マイクの他にも頭へ装着するヘッドマイクや胸元へクリップで留めるタイピンマイクロホン、喉元へ装着する特殊な咽喉マイクなどを取り揃えております。

⇒ 窓口用インターホンの詳細はこちらをご覧下さい

1 / 11