タグ: インターホン

1 / 3123


窓口用インターホンの子機音声の途切れ。同時通話は?


【ご質問】
先日、窓口用インターホン(SD-2006DLPlus)を購入しました。宝くじ売り場で使用しようと思い、取り付けて試したのですが、どうしても子機(お客さま側)からの音声が途切れます。売り場(中)からお客さま側にはきれいに聞こえるのですが、なぜでしょうか?

【回答】
こちらのインターホンは、同時通話ができないため、親機側と子機側で同時に話しをされた場合、音量の大きい方が優先されてしまいます。

お客さま側のマイク兼スピーカーで話している最中、中の親機で話して、親機側の音量の方が大きい場合はこちらが優先となるため、お客さまの音声は途切れます。

どうしても親機のマイクの方が、口元に近く、きれいに音が拾える状態だと思いますので、優先されてしまうのかもしれません。簡易システムのため、同時通話ができませんので、会話が重ならないようにお使い下さい。

【追記】
この商品は完売しました。
後継機は 窓口インターホン NZ-2006A をご覧下さい。

ラーメン屋の厨房からオーダーを聞きに行くのに窓口インターホン

SD-2006DL-PLUS
【ご質問】
窓口インターホン についての質問です。ラーメン屋を営んでおり、現在は、厨房から店外のお客様にオーダーを取るのに、厨房から出て、店の外まで聞きに行っております。

作業の効率化を図りたいと思いまして、窓口インターホンを活用できないかと検討しております。厨房から外までは約1.5M。扉はガラス製です。電源は厨房内と扉付近にあります。活用できるでしょうか?

【回答】
窓口用インターホン SD-2006DL-PLUS は、相互通話できますので、ご希望の用途で使用頂けます。

ただ、設置、取扱も簡単な窓口用インターホンシステムですが、音量的にあまり大きな音量で拡声はできない点と、防水仕様ではありませんので、厨房での使用ですと水濡れの点が気になる点ではあります。

【追記】 2016.03
この商品は完売しました。
後継機は 窓口インターホン NZ-2006A をご覧下さい。

トンネル内・立坑・地上・事務所の4箇所を連絡用インターホンで同時に繋ぎたい

作業用連絡システム
【ご質問】
小型のトンネル工事の連絡用インターホンを探しています。

トンネル内・立坑・地上・事務所の4箇所を同時に繋ぎたいのですが、作業用インターホンで4箇所同時に繋ぎ、すべての箇所から受信・発信できるのでしょうか?

【回答】
弊社取扱の作業用インターホンシステムは、トンネル工事や排水溝工事などで実績があります。

しかし、基本的に親機1対子機1のシステムですので、4箇所を繋いでの相互の通話はできませんので、ご要望の使用方法には対応できないです。

イレギュラーな使い方で、インピーダンスのマッチングを取りさえすれば、子機を増やすことはできないこともないのですが、子機間では通話できず、通話は子機×親機間になります。

また、子機は音を拾いっぱなしですので、すべての子機で音をひろい、なんだか分からない状況になってしまうのではないかと思います。

【追記】
この記事の機種は完売しました。後継機は下記をご覧ください。

⇒ 作業連絡インターホン NZ-2006EX

トンネル工場現場での作業員の連絡などに有用な連絡装置(作業者用インターホン)

作業用連絡システム
「インターホン」+「拡声機能」
潜水士用のインターホンを流用した、有線の作業者用連絡装置です。業務用トランシーバーなどの無線システムに比べ、安価に連絡システムを構築できます。工場現場での作業員の連絡などに。

相互通話ができる
インターホンを使用していますので、作業の指示、業務連絡等を伝えるだけでなく、作業者側からの連絡もできるので、作業効率のアップ、安全が確保されます。

子機マイクは簡単設置
子機マイクは、スピーカー兼用タイプ。トランペット型スピーカーを使用しますので、ケーブル1本で接続。電源の確保の必要はありません。

防犯カメラのサポートに
集音マイクとして設置し、不信音をキャッチ。といった使用法も。映像に音を加えて防犯をサポート。不審者に対して、注意放送もできます。

防水型マイクで屋外設置可
作業者側マイクは、ホーン型(ラッパ型)の防水マイク兼スピーカーを使用するので、雨の直接当たるような、屋外にも設置できます。(※インターホン本体は防水仕様ではありません)

it-009 は 定格6Wの高出力
出力が6Wありますので、インターホンとしては高出力。工場、重機、船舶の上など騒音があるところでも、十分な拡声ができます。

特記事項
マイクスピーカーと本体の距離が近い(概ね15m以下の)場合、ハウリングが起こりやすくなり音量調整ツマミを上げられません。

DC12V、DC24V両用 AC100Vでも
電源はDC10~32Vに対応。DC12V用、DC24V用のどちらの車両・船舶でも使用できます。
AC100V(家庭用電源)でのご要望が多いため、ACアダプターに対応した100V仕様もご用意しました。

【追記】
この記事の機種は完売しました。後継機は下記をご覧ください。

⇒ 作業連絡インターホン NZ-2006EX

⇒ 水中電話(潜水士用インターホン本体のみ) NZ-2007A

1 / 3123