遊漁船で操船中にハンズフリーでマイク放送をするためには?


【ご質問】
遊漁船で、操船中しながらマイク放送したいので、手で持たなくても話せるマイクを探しています。現在アンプに付属していた握って話すカールコードのマイクが付いていますが、話す時には片手がふさがってしまいます。

ヘッドマイク MIC-806のようなマイクが良いと思うのですが、使えますか? マイクの接続プラグは太いモノラルタイプです。

【回答】
船舶用の放送アンプで、マイクのプラグが太いモノラルタイプとのことですので、ダイナミック型のハンズフリーマイク NZ-609 が使用できると思います。

NZ-609 はφ6.3mmプラグの5mケーブル付のヘッドセットマイクです。このマイクでしたら両手は操船したまま、ハンズフリーでマイク放送が可能です。

ヘッドマイク MIC-806は、エレクトレット型マイクのため、ダイナミック型対応の放送装置では使用できません。

【この記事に関連する記事】 注目記事!!

ダイナミックヘッドマイク RENT-609 レンタル新掲載


分離型ヘッドマイク(RENT-866) 新掲載


ハンズフリー拡声器の交換用ヘッドマイクは?


バスの車内で使用するハンズフリーマイクは?
【この記事に関する問合せ先】 

TEL:0558-22-2421 (平日9時~17時30分)
FAX:0558-23-4838 (24時間) 南豆無線電機