工事現場用の双方向連絡装置の接続ボックスに関して


NZ-2006EX 接続ボックス
工事現場などで多く使われている双方向の有線連絡装置 NZ-2006EX の接続ボックスの詳細に関して説明致します。

接続ボックスの配置
接続ボックスは親機とスイッチボックスの間(親機寄り)の配置になります。また、接続ボックスは、手で簡単に開けることができます。

取外し可能なY端子
接続ボックス内には端子盤があり、圧着Y端子がビス止めされています。ケーブル敷設時には、ビスを緩めることにより、結線を取り外すことができます。

スピーカー線とマイク線
青線とCOMがスピーカー回路、黄線とCOMがマイク回路につながっています。

NZ-2006EX 接続ボックの結線

⇒ 作業連絡インターホン NZ-2006EX 詳細

【この記事に関連する記事】 注目記事!!

工事現場用の連絡装置 NAP1Mシリーズ


ワイヤード連絡システムのケーブル延長に関して


JFB-200 フロアコンセントボックス


JX-114F スピーカー用コネクター
【この記事に関する問合せ先】 

TEL:0558-22-2421 (平日9時~17時30分)
FAX:0558-23-4838 (24時間) 南豆無線電機