膠原病で眼の手術、大きい声を出すことで眼に負担


パワギガS 構成品
60名~90名の児童と過ごす室内で児童の声にかき消され、私の声が全体に届かないので困っていました。また大きい声を出すことで体力を消耗していました。

※膠原病のため、目の手術をしており、大きい声を出すことで眼にも負担がかかり、病気の悪化を懸念し、悩んでいました。

ピンマイクを探していて、ネットで手ぶら拡声器パワギガの情報をみつけました。多くの方の利用報告を読んで内容が具体的で共感を得られたので、無料サンプル品を申し込みました。(本当に無料なのか、多少の不安も感じましたが、利用者の声を読み安心しました)

使ってみて、子供達も聞きやすそうで良かったです。拡声器の重さが気になりましたが、腰につけることで左程、重さを感じず、声が通ることで体力の消耗が少ないことを思いました。

仕事上、土日は利用しないことから、金曜着であっても3日間の利用を月・火・水に設定していただけたこと、心から感謝申し上げます。
N児童会 Yさま

⇒ 手ぶら拡声器7(パワギガS)の詳細

【この記事に関連する記事】 注目記事!!

工場案内で機械の音が大きく、大声を出すとノドを痛めるので


普通に声を出すだけで多くの利用者に声が届く


子育て支援で大きな声を出す必要


仕事で声を出す部署への異動の不安なし
【この記事に関する問合せ先】 

TEL:0558-22-2421 (平日9時~17時30分)
FAX:0558-23-4838 (24時間) 南豆無線電機