肺がん手術の後、左声帯障害(反回神経麻痺)により内緒話し程度の声しか出せないので


パワギガ+ 右下より
肺がん手術(左上葉切除)の後、左声帯障害(反回神経麻痺)により内緒話し程度の声しか出せないため、インターネットで検索し無料サンプル品を試させて頂きました。

頭部セットのマイク(標準のiSetマイク)は相手にも良く聞こえ、講義にも使えます。日常的に使う場合は、会食事などで不便かなと思います。

咽喉マイクは使用しやすいが、感度が良すぎるため雑音や唾を飲み込む音まで拾ってしまいます。頭部セットのマイクではなく、咽喉マイクのように首セットなどを検討して頂ければありがたいです。 S.Yさま

【問合先】TEL:0558-22-2446(平日9時~17時30分)



【補足説明】
咽喉マイクは、首に密着させる特殊マイクのため、感度は良いのですが、ご指摘の通り、ノイズなども拾いやすくなっています。今回お試し頂いたのは、パワギガ+(NZ-640-A)ですが、パワーギガホン(NZ-610-D)でしたら、オプションのタイピンマイクも活用できます。ご検討下さい。

【この記事に関連する記事】 注目記事!!

反回神経麻痺がきっかけとなり、声が出にくい


咽喉マイクは嚥下音が明瞭


病気で声が小さいため、聞き取りにくく悩んで


襟付きの服を着て、のど元へマイクを着用した場合
【この記事に関する問合せ先】 

TEL:0558-22-2421 (平日9時~17時30分)
FAX:0558-23-4838 (24時間) 南豆無線電機


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。