養護学校で試用 補助発声装置として手配し認可されました


咽喉マイク 装着イメージ
××養護学校の××です。無理なお願いにも関わらず、早速お送り頂きましてありがとうございます。

とりあえず使用してみました。咽頭マイクはタートルネックを使用していたので布スレの音をひらい、がさごそ音もいっしょに拾うのでisetマイクを使用したところ聞き取りやすくなりました。

使ってすぐの感想ですが、使用者本人の声が以外にもはっきりしていた事にびっくりしております。担任が名前がはっきり聞き取れます。いつもギャグを飛ばしていても聞き取れなかったのがはっきりと聞き取れます。

教師から伝えたい事の一方通行で、本人が伝えたいと思って発声しても伝わらないので、僅かに残っている発声機能を使う必要が、そこに存在しなかったのではと思ってしまいます。

この機器はそういった部分を補完し、相手に自分の思いを伝える喜びを見いだすきっかけになるのでは、フィードバックが起きればもっと発声が明確になるのでは、と期待しております。

では、保護者にも感想を聞いてみます。役場の福祉課ですでに補助発声装置としての手配をし認可がもらえる事になりました。他にも使える可能性を感じます。

パワーギガホンのお試しに関して

日常生活用具、携帯用会話補助装置の詳細

【この記事に関連する記事】 注目記事!!

補助発声装置で自分の思いを伝える喜び


喉頭摘出で声を無しくて2年半。食道発声の会話補助装置を


発声訓練途中で充分な対話は出来ないが希望が湧いて


発声補助(携帯用会話補助装置)として実績が高い
【この記事に関する問合せ先】 

TEL:0558-22-2421 (平日9時~17時30分)
FAX:0558-23-4838 (24時間) 南豆無線電機


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。