マイクプラグが断線しないように補強するには?


27baf876
【ご質問】
以前、ハンズフリーマイク NZ-609 を購入しました。民謡で三味線を弾きながら使用しており、あまり回数は使用していないのですが、どうしてもプラグの部分がダメになってしまうようです。ほんのちょっと引っかかったりしただけなのですが断線して音が出なくなってしまったので、修理をお願いします。もっと丈夫なものはありませんか?

【回答】
NZ-609 のケーブル断線ですと修理ができず、交換となってしまいます。
拡声アンプにマイクのプラグを接続すると、プラグが突き出ているので、プラグやケーブルが引っかかりやすくなるのでしょうか?

ダイナミック対応のハンズフリーマイクは NZ-609 または 分離型ヘッドマイク NZ-M866 になりますが、どちらもケーブルが細いので、引っ掛けた場合はどうしても断線の恐れがございます。引っ掛けないよう、ご注意いただくほか、ございません。

対策の一案として、L型の変換プラグを使用することにより、拡声アンプにプラグを接続した際にケーブルが横ではなく下に垂れるようになるので、引っかかりにくくなるかもしれません。一度お試し下さい。

⇒ ハンズフリーマイク NZ-609

【この記事に関連する記事】 注目記事!!

ミニプラグをミニミニプラグへ変換 CBL-J35P25


変換ケーブル 6.3mm ⇒ 3.5mm


ヘッドマイクHM-1000のケーブル交換に関して


クリップマイクレンタル(RENT-863)新掲載
【この記事に関する問合せ先】 

TEL:0558-22-2421 (平日9時~17時30分)
FAX:0558-23-4838 (24時間) 南豆無線電機