カテゴリー: 手ぶら拡声器のFAQ

手ぶら拡声器に関して良くあるご質問

1 / 271231020最後 >>


自然観察ガイドの長い列の最後尾まで届くワイヤレス拡声器

パワギガ+ NZ-640-A【ご質問】
自然観察ガイドでパワギガ+(NZ-640-A)を使用しており、大変重宝しております。今までは1グループ25人程度だったのですが、ここ最近は人数が増え、多いときで50人~60人の参加者がいます。

案内する時にはスピーカーを後に回し、参加者に聞こえやすいようにはしていますが、道幅のないところでは列になるため、距離が長くなり、後ろまで説明が聞こえないようです。もう1台スピーカーを増やして、列の後からも聞こえるようにすることはできますか?

【回答】
ワイヤレス仕様の手ぶら拡声器を追加すれば可能です。その場合は、説明者がパワギガ+に加えて送信機を装着し、別の方がスピーカー(ワイヤレス受信機)を持っていていただくことになります。ただ、列が長くて通達距離の問題があるとのことですので、手ぶら拡声器パワギガM(ワイヤレス)は通達距離の問題でお勧めできません。

一方、飛び声るんです2(NZB-RM2-P)であれば、説明者もハンズフリーで使用でき、通達距離は最大100mとなります。受信機をパワギガS(NZ-671-B)パワギガE(NZ-680-A)に接続すれば、離れたところや列の後でも同じ説明が聞けるようになります。

⇒ 飛び声るんです2 NZB-RM2-P

店頭販売員(マネキン)の派遣業務で特殊なワイヤレスマイク

【ご質問】
当社は、店頭販売員(マネキン)の派遣業務を行っております。
以前、パワギガE(手ぶら拡声器8A)を6台導入させて頂き、重宝していますが、ワイヤレスマイクの特殊な使用方法に関してお伺い致します。

ウェブページを拝見したところ、パワギガEに手持ち式のワイヤレスマイクを追加するためには、手ぶら拡声器用
コードレスマイク(NZ-210DHE-P)または飛び声るんです1(NZB-RM1-P)を追加すれば宜しいかと思います。

そこで質問ですが、一人の説明員が話した内容を6台のパワギガEから拡声するようにできるでしょうか?

【回答】
はい。飛び声るんです♪システムでしたら可能です。
ワイヤレスマイク1本で複数台のパワギガEから拡声させるためには、飛び声るんです1(NZB-RM1-P)の受信機が複数台必要になります。

800MHz帯のB型ワイヤレスシステムで電波の届く距離は、見通し距離で約100mございます。受信機の台数制限はございません。下図は受信機&パワギガEが6台のシステム例となっていますが、何十台でも構いません。

一方、コードレスマイク(NZ-210DHE-P)ですと、送信機と受信機が1対1でペアリングするBluetooth方式のため、上記のような使い方はできません。

⇒ ハンドマイク型ワイヤレスマイク増設セット 飛び声るんです1

⇒ 受信機単品(ビーガイド ワイヤレスレシーバー)

ワイヤレスマイクで話して2台のスピーカーで受信案内


【ご質問】
案内する人がヘッドマイクで話し、バラバラといる数十人の人たちに聞こえるようにしたいのです。列が長い場合があるため、拡声器というよりは、ワイヤレスマイクで話して、2台位のスピーカーで受信して聞こえるようなものがいいと考えていいます。推奨のシステムをご案内下さい。

【回答】
ワイヤレス増設セットの飛び声るんです2(NZB-RM2-P)と拡声器パワギガE(NZ-680-A)の組合せがよいと思います。

飛び声るんです2は、受信機をパワギガEに接続することで、離れたところのスピーカーから音声が出力されるため、広範囲でのご案内が実現できます。スピーカーを2台にするのであれば、受信機(NZB-R800)と接続ケーブル(CBL-SP35SP35)、パワギガE(NZ-680-A)を増やすことで、さらに可聴範囲を広げることができます。

パワギガEのスピーカーもポシェットのように提げられますし、受信機もウエストやポケットに掛けたりすることもできるため、スピーカーを装着した方も、ハンズフリーでの使用が可能です。

⇒ 飛び声るんです2 NZB-RM2-P

落語や南京玉簾をするのに便利な小さい拡声器


【ご質問】
落語や南京玉簾(なんきんたますだれ)の際に声が届かないので、小さい拡声器を使用したいと探していたところ、御社のホームページに行き着きました。

パワギガE(NZ-680-A)を見ていますが、これはスピーカーをちょっと置いておいたりしても使用できますよね。落語をやるときには、自分の脇に置いておきたいと考えています。音量はどうですか?

【回答】
パワギガE(NZ-680-A)は縦にしても横にしても、脇や卓上にスピーカーを置くことができます。
付属のヘッドマイク、またはオプションのピンマイクなどのケーブルはつながっていますので、ケーブル長(1m程度)の範囲内でスピーカーを設置することになります。南京玉簾や大道芸などでパワギガEを装着しての使用実績も多数ございます。数十人程度を想定してのご利用でしたら、音量的にも問題ありません。

上位機種でワイヤレス仕様のパワギガW(NZ-691-W)もございます。こちらであれば受信可能範囲内(10m前後)であれば、スピーカーを離れた所にも置いておくことができます。送信機にマイクを接続して装着するだけなので、身軽に動き回ることができますし、スピーカーは同じ位置に置いたままなので、聴衆者も常に同じ音量で聞くことができます。

⇒ 手ぶら拡声器8 パワギガE(エクストラ) 詳細

⇒ パワギガW NZ-691-B

1 / 271231020最後 >>