カテゴリー: ギガホンシリーズのFAQ

パワーギガホン、パワギガ+に関して良くあるご質問

1/6012310»»


パワギガ+の充電端子は、本体背面左下DCIN

【ご質問】
ボランティアガイドをしていて、団体でパワギガ+(NZ-640-A)を複数台使用しています。会員が多く、不特定多数のメンバーが使用するのですが、今、私が所有している2台は、調子が悪いです。

充電しても充電されていないようで、電源も入らなくなってしまいました。本体が悪いのでしょうか?

【回答】
充電アダプターは、パワギガ+(NZ-640-A)の本体のどの部分に接続されていますか?
お問合せいただく中には、接続端子を間違われている方がいらっしゃいます。正しくは、本体背面の左下にある「DC IN」というゴムキャップを外した端子に接続します。本体上部の「AUX」は、外部機器を接続する端子で、充電端子ではございませんので、ご確認下さい。

※お電話で確認したところ、接続場所を間違えて「AUX」につながれており、接続しなおしたら正常に充電されたとのことでした。

※パワギガ+(NZ-640-A)は完売しました。
同等の音量で軽量化された後継機種はパワギガEとなります。

⇒ 手ぶら拡声器8 パワギガE(エクストラ) 詳細

【この記事に関連する記事】 注目記事!!

手ぶら拡声器7A(パワギガS)の充電端子


パワギガWの充電ができない原因は?


パワーギガホンの充電完了時のLEDは?


パワギガS(手ぶら拡声器7A)の充電ランプに関して
【この記事に関する問合せ先】 

TEL:0558-22-2421 (平日9時~17時30分)
FAX:0558-23-4838 (24時間) 南豆無線電機

手ぶら拡声器Sに使用できるヘッドマイクやピンマイクは?

nz670a-09
【ご質問】
手ぶら拡声器パワギガS(NZ-670-A)と咽喉マイクを持っているのですが、パワギガでは咽喉マイク以外に使用できるヘッドマイクやピンマイクはありますか?

実は、人から譲り受けたもので、いただいたときからマイクは咽喉マイクだけしかなかったのです。あるのであれば、対応するものはどれになりますか?

【回答】
はい、パワギガS対応のヘッドマイク、ピンマイクは、ございます。
パワギガS(NZ-670-A)手ぶら拡声器7Aには、標準構成品でヘッドマイクが付属しており、ヘッドマイクの単品型番は MIC-520 となります。ピンマイクはオプションで、SH-13TP がございます。

※特記事項
パワギガSには、NZ-670-A(手ぶら拡声器7A)と後継機のNZ-671-B(手ぶら拡声器7B)がございます。
見た目は、ほぼ同じ類似品ですが、マイク感度が異なりますので、ヘッドマイクの選択はご注意下さい。
推奨するヘッドマイクは
 ・NZ-670-A(手ぶら拡声器7A) ⇒ MIC-520
 ・NZ-671-B(手ぶら拡声器7B) ⇒ MIC-806

⇒ ヘッドマイク MIC-520

【この記事に関連する記事】 注目記事!!

WM-1320に対応するヘッドマイクは?


頭の上から装着するヘッドマイクのワイヤレス化


ワイヤレスヘッドマイク NZ-210CTH-P 手ぶら拡声器対応


WH-4000S ヘッドマイク交換用スポンジ
【この記事に関する問合せ先】 

TEL:0558-22-2421 (平日9時~17時30分)
FAX:0558-23-4838 (24時間) 南豆無線電機

パワギガ+のヘッドマイクケーブルが断線、代替品は?

【ご質問】
数年前に購入したパワギガ+(NZ-640-A)ですが、蔵の見学に訪れる方々のご案内に大変重宝しております。現在は、ご案内には欠かせないものとなっておりますが、不注意でマイクのケーブルが完全に抜けてしまい、使えなくなってしまいました。大至急、代わりのマイクが欲しいのですが、インターネットで見ましたら、こちらの商品は完売となっていました。マイクも販売していないのですか?

【回答】
パワギガ+(NZ-640-A)をご愛用いただき、ありがとうございます。
さて、お問合せいただきましたヘッドマイクですが、標準構成品の iSet-Mic+ は保守用パーツとして販売しております。フレームが不要でしたら、マイク部のみ iSet-Mic-B+ での販売もございます。(いずれも在庫限りの販売)
MIC-806PC パソコン対応マイク
また、後継マイク(代替品)としては、パソコン対応ヘッドマイク MIC-806PC がございます。
パワギガ+は、マイクジャックが特殊結線のため、通常のモノラルマイク(2P)は使用できませんが、MIC-806PC であれば、問題なくパワギガ+でも使用できます。

MIC-806PC は、フレームとマイク一体型で、装着方法はパワギガ+のヘッドマイクと同じように耳掛け式になっています。フレームを首から提げ、マイクを口元に立ち上がらせて使用することもできます。

⇒ ヘッドマイク MIC-806PC

【この記事に関連する記事】 注目記事!!

パワギガプラスに対応するヘッドマイクに関して


WM-1320に対応するヘッドマイクは?


ヘッドマイク MIC-806をパワギガ+で使う方法は?


ヘッドマイクHM-1000のケーブル交換に関して
【この記事に関する問合せ先】 

TEL:0558-22-2421 (平日9時~17時30分)
FAX:0558-23-4838 (24時間) 南豆無線電機

1/6012310»»