ワイヤレスガイドの送信機に接続するピンマイクの標準タイプと接話型の違いは


【ご質問】タイピン型マイクロホン YP-M101
ワイヤレスガイドの送信機に接続するピンマイク標準タイプと接話型ピンマイクの2種類ありますが、その違いを教えて下さい。

【回答】
YP-M101 が標準タイプのピンマイクです。このタイプはピンマイクにスイッチが付いていないため、送信機の電源を入れておくと常に送信されている状態になります。接話型マイクロホン YP-M201

一方、 YP-M201 は接話型のピンマイクです。主に工場見学など、騒音が大きい場所で使われます。こちらは送信スイッチが付いています。

これら2つのマイクはC型(300MHz)のワイヤレスガイドワイヤレススピーカーの送信機に接続するピンマイクです。

【この記事に関連する記事】 注目記事!!

ワイヤレスヘッドマイクWM-3120の送信機の電源が切れないのは?


リモコン形状のワイヤレスマイク コンパクトワイヤレスアンプ


WA-1812CDとWA-1712のワイヤレスマイクは?


WTU1720-TW ピンマイク増設セット
【この記事に関する問合せ先】 

TEL:0558-22-2421 (平日9時~17時30分)
FAX:0558-23-4838 (24時間) 南豆無線電機


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。