カテゴリー: B型ワイヤレスマイクのFAQ

800MHz帯ワイヤレスマイクに関して良くあるご質問

1/5312310»»


タイムサービスや特売品の案内用インカムマイク

【ご質問】
小さな店舗ですが、店舗内と屋外にスピーカーがあり、放送ができるようにはなっているのですが、この度、ワイヤレスでインカムマイクのようなスタイルのものを使用したいと思い、問い合わせました。

タイムサービスや特売品など、作業をしながらでもご案内ができたらいいなと思います。そのような商品がありましたら、教えて下さい。

【回答】
既存の放送装置に増設して簡単にワイヤレスマイクが使用できるシステムを2つご案内致します。

1つ目は、既存アンプにダイナミックマイク入力端子があれば、その端子に受信機を接続して使用できる、コードレスヘッドマイク NZ-210CTH です。Bluetooth方式で、見通しのよいところで最大20m程度まで送受信可能です。送受信機は1対1でペアリングされます。

⇒ コードレスヘッドマイク NZ-210CTH

2つ目は、既存アンプの外部入力、またはライン入力端子に受信機を接続して使用する、飛び声るんです2♪(NZB-RM2-P)です。音質の優れた800MHz帯のワイヤレスシステムを利用しており、障害物のないところでの最大受信距離は約100mとなります。送信機と受信機は1対1はもちろん、1対多にも対応できます。

⇒ 飛び声るんです2♪ NZB-RM2-P

【この記事に関連する記事】 注目記事!!

無線送信機 NZ-W291T (パワギガM専用)


通訳案内用ワイヤレスガイドシステム15台セット レンタル


WA-1812CDとWA-1712のワイヤレスマイクは?


「既存の放送システムを簡単にワイヤレス化」とは?
【この記事に関する問合せ先】 

TEL:0558-22-2421 (平日9時~17時30分)
FAX:0558-23-4838 (24時間) 南豆無線電機

店頭販売員(マネキン)の派遣業務で特殊なワイヤレスマイク

【ご質問】
当社は、店頭販売員(マネキン)の派遣業務を行っております。
以前、パワギガE(手ぶら拡声器8A)を6台導入させて頂き、重宝していますが、ワイヤレスマイクの特殊な使用方法に関してお伺い致します。

ウェブページを拝見したところ、パワギガEに手持ち式のワイヤレスマイクを追加するためには、手ぶら拡声器用
コードレスマイク(NZ-210DHE-P)または飛び声るんです1(NZB-RM1-P)を追加すれば宜しいかと思います。

そこで質問ですが、一人の説明員が話した内容を6台のパワギガEから拡声するようにできるでしょうか?

【回答】
はい。飛び声るんです♪システムでしたら可能です。
ワイヤレスマイク1本で複数台のパワギガEから拡声させるためには、飛び声るんです1(NZB-RM1-P)の受信機が複数台必要になります。

800MHz帯のB型ワイヤレスシステムで電波の届く距離は、見通し距離で約100mございます。受信機の台数制限はございません。下図は受信機&パワギガEが6台のシステム例となっていますが、何十台でも構いません。

一方、コードレスマイク(NZ-210DHE-P)ですと、送信機と受信機が1対1でペアリングするBluetooth方式のため、上記のような使い方はできません。

⇒ ハンドマイク型ワイヤレスマイク増設セット 飛び声るんです1

⇒ 受信機単品(ビーガイド ワイヤレスレシーバー)

【この記事に関連する記事】 注目記事!!

800MHzワイヤレスマイク3日間レンタル


ワイヤレスマイクで話して2台のスピーカーで受信案内


リモコン形状のワイヤレスマイク コンパクトワイヤレスアンプ


WA-1812CDとWA-1712のワイヤレスマイクは?
【この記事に関する問合せ先】 

TEL:0558-22-2421 (平日9時~17時30分)
FAX:0558-23-4838 (24時間) 南豆無線電機

スイッチ付バスマイクで指向性も考慮したいが…

【ご質問】
今まで使っていたバス用マイクは、接続すると音声が入りっぱなしになってしまうため、スイッチが付いているものを探していました。

そこで先日、スイッチが付いているフレキシブルマイク(MC-9128)を購入しました。スイッチでOnOffできるのは良いのですが、このマイクは指向性が高く、口元の真正面にマイクをセットしないと音をうまく拾えませんでした。

少し角度がずれたり、横からだと声が入らないのですね。運転席の窓枠あたりに固定して、使うときだけマイクを口元に合わせてみたのですが、毎回毎回位置の調節に手間や時間がかかってしまいますので、もっと簡単に使用できるマイクはないのかなと模索しています。

今回、同封されていたカタログを見ていたら、コードレスピンマイク(NZ-210CTW)という商品があり、マイクを使うときだけ送信機の電源を入れて、終わったら切る、といった使い方ができるのでは?と思い、電話した次第です。想定している使い方は可能でしょうか?

【回答】
コードレスピンマイク(NZ-210CTW)の電源のON/OFFは、長押ししなければならないため、想像しているような使い方では難しいと思います。

送信機の電源を切ると、受信機はペアリングの相手が見つからない状態となり、自動で電源が切れてしまいます。そうなると、再度電源を入れるときは、送信機・受信機双方の電源ボタンを長押しなければなりません。

そこでご提案ですが、ピンマイクと送信機の間にスイッチ付ケーブル(CBL-SW1)をつないでみてはいかがでしょうか?

コードレスピンマイク(NZ-210CTW)のペアリングはそのままで、マイクの音声のみON/OFFすることができます。

また、有線であれば分離型クリップマイク(NZ-M863)というマイクがあり、電源パワーモジュール部のスイッチでON/OFFすることもできます。こちらのマイクも推奨致します。

⇒ スイッチ付ケーブルのみ CBL-SW1

⇒ クリップマイク NZ-M863

【この記事に関連する記事】 注目記事!!

レンタル対応ミニマイク(スイッチ付) 新掲載


船舶用防水スイッチ在庫処分品の掲載


手ぶら拡声器対応 スイッチ付ハンドマイク 新掲載


レンタル デスクトップマイク(ロックスイッチ付)新掲載
【この記事に関する問合せ先】 

TEL:0558-22-2421 (平日9時~17時30分)
FAX:0558-23-4838 (24時間) 南豆無線電機

1/5312310»»