呼吸機能が低下し肺活量が1000ccを割り、電話で話すのも息苦しさを感じていたので



パワーギガホン

大きな声を出さないと相手に届かなくて困っていました。
主治医(呼吸器部)からの情報で福祉器具の業者さんを通じてパワーギガホンを知り、ネットで調べました。

まずは、無料サンプル品で試せるのがお気軽で良いと思い、すぐにTELで依頼した次第です。

私は呼吸機能が低下し、肺活量が1000ccを割っているので、大きな声を出したり、TELで話すのも息苦しさを感じます。夫はやや耳が遠いので、これ(パワーギガホン)を試してみると、私の小さい声でも良く聞こえるとのことで、ストレスが1つ減り、夫婦の会話も良くなりました。
S.Sさま

※パワーギガホンは完売しました
後継機種は
⇒ 手ぶら拡声器7(パワギガS)の詳細

【この記事に関連する記事】 注目記事!!

音が割れないか?きれいな声が拡声されるか?


仕事(教員)で声帯結節になり、声がかすれて


筆談の大変さを感じ、自分の事を相手に伝えられるマイクを


脊髄性委縮症(SMA)という難病で呼吸障害、大きな声を
【この記事に関する問合せ先】 

TEL:0558-22-2421 (平日9時~17時30分)
FAX:0558-23-4838 (24時間) 南豆無線電機