わが子の声を周りへ届け、コミュニケーションの糸口としたいため、咽喉マイクとパワーギガホンを利用



パワーギガホン化粧箱

娘は、筋肉が衰えていく難病のため、人工呼吸器を着けて生活しています。本人は声を出しているのに(気管切開部からもれる声が)小さすぎて耳を口元までよせないと聞こえなくて困っていました。

同じ障害をもつ子供がパワーギガホンを利用しているのをみて、わが子の声を周りへ届け、コミュニケーションの糸口としたいため、咽喉マイクとパワーギガホンの無料サンプル品をすぐに利用しました。

驚くほど素晴らしい。これまで周りは『この子は声が出ない。コミュニケーションは一方通行と思い込んでいた』ふしがあったが、一変しました。 関さま

※パワーギガホンは完売しました
後継機種は
⇒ 手ぶら拡声器7(パワギガS)の詳細

【この記事に関連する記事】 注目記事!!

娘は気管切開で声が出にくくコミュニケーションが…


発声が難しい生徒にコミュニケーションを


声帯麻痺のためコミュニケーションが取りづらい状態


病人とのコミュニケーションを取るため
【この記事に関する問合せ先】 

TEL:0558-22-2421 (平日9時~17時30分)
FAX:0558-23-4838 (24時間) 南豆無線電機