パーキンソン病の妻が試した拡声器と喉マイク


SH-12iK 喉の横
【ご質問】
妻がパーキンソン病で話声が聞こえにくくなってきました。そこで病院で拡声器を使わせてもらったのですが、それがとてもよく、なんずさんの「パワギガS」というものだと教えていただきました。

付属しているヘッドマイクよりも喉マイクとの組合せが非常によく、妻も欲しいといっています。直接購入できるのでしょうか?商品を送っていただけますか?

【回答】
はい、直接購入ができます。
インターネット通販を行っており、お電話、FAXでもご注文を承っており、日本全国へ宅配便でお送りしています。

病院で試されたのは、手ぶら拡声器7B(パワギガS NZ-671-B)と咽喉マイク(SH-12iK)との組合せです。個人差もありますが、奥さまには口元にセットするヘッドマイクより、咽喉マイクの方がよかったようですね。早速商品をお送り致します。少しでも、日常会話の手助けになれば、ストレスも軽減されるのではないかと思います。

【補足】
商品到着後、ご連絡をいただき、ヘッドマイクも慣れてきたら上手く使えるようになってきましたとのことでした。

⇒ 咽喉マイク SH-12iK

⇒ 手ぶら拡声器7(パワギガS)の詳細

【この記事に関連する記事】 注目記事!!

パーキンソン病の父の発声が不明


パーキンソン病で声が他人に届きにくい


言語聴覚士の紹介でパーキンソン病の患者へ咽喉マイクを


手ぶら拡声器Sに使用できるヘッドマイクやピンマイクは?
【この記事に関する問合せ先】 

TEL:0558-22-2421 (平日9時~17時30分)
FAX:0558-23-4838 (24時間) 南豆無線電機