摂食嚥下障害診断用の咽喉マイク対応の拡声器



【ご質問】
先日注文した咽喉マイクが無事届きました。
ありがとうございました。
咽喉マイクと他社製の拡声器で摂食嚥下障害診断用に導入しています。他社製の拡声器を何度か買い換えてますが、いつもスイッチのON/OFFの接触が悪いのですが、対処法はないのでしょうか。

【回答】
この度は、咽喉マイク SH-12iKのご購入ありがとうございました。

他社製の拡声器に関しては、咽喉マイクでの動作保障をしておりません。また、スイッチの接触不良に関しては、保障の関係もあると思いますので、お買い求めの販売店さまにお問合せ下さい。

咽喉マイクは、本来弊社の手ぶら拡声器シリーズ用に用意したオプションマイクになりますので、咽喉マイクとの組合せで問題なく使用できます。
充電仕様で、しっかりした作りの拡声器ですので、お勧めです。

咽喉マイク対応の手ぶら拡声器は、下記の3機種を用意しております。
スタンダードタイプのパワギガS(10W)、上位機種のパワギガE NZ-680-A(20W)、ワイヤレスタイプのパワギガM NZ-690-W(20W)と様々な用途に対応た機種がございますので、宜しければご検討下さい。
弊社の拡声器は、万が一故障等した場合、アフターサービスも弊社にて迅速対応しております。

⇒ 手ぶら拡声器7(パワギガS)の詳細

⇒ 手ぶら拡声器8 パワギガE(エクストラ) 詳細

⇒ 手ぶら拡声器9 パワギガM(マックス) 詳細

【この記事に関連する記事】 注目記事!!

咽喉マイクは嚥下音が明瞭


プラグインパワータイプの咽喉マイクの充電方法は?


咽喉マイクの装着位置と嚥下音(ゴックン音)


エレクトレットコンデンサ型の咽喉マイクが使える機器は?
【この記事に関する問合せ先】 

TEL:0558-22-2421 (平日9時~17時30分)
FAX:0558-23-4838 (24時間) 南豆無線電機