脊髄性委縮症(SMA)という難病で呼吸障害、大きな声を



咽喉マイクの装着イメージ

娘(小学1年生)は脊髄性委縮症(SMA)という難病で呼吸障害が有り、大きな声が出せません。

御社の拡声器のおかげで、自分の声でしっかりと発表することができ、友達も先生も喜んでくれました。ありがとうございました。
K.Mさま

⇒ 手ぶら拡声器5A(パワギガ+)の詳細

【この記事に関連する記事】 注目記事!!

神経筋疾患で鼻マスク型の人工呼吸器で小さな声しか出せない


消防サイレンのハンドルの折りたたみ方


声が出ないとイライラして、診療も集中できないので


難病で話す声が小さく会話困難で摂食障害
【この記事に関する問合せ先】 

TEL:0558-22-2421 (平日9時~17時30分)
FAX:0558-23-4838 (24時間) 南豆無線電機