視覚障害者にスキーを教える時のマイク・スピーカー拡声器


NZ-671-B パワギガS
【ご質問】
視覚障害者にスキーを教えています。少し離れたり、周りの音に声がかき消され、なかなか聞こえにくいようです。そこで、腰にスピーカーを付けてしようできるマイク・スピーカーを探していたところ、御社のパワギガEやパワギガSを見ました。

これらは、このような用途で使用できますか?どちらの機種がいいでしょうか?視覚障害者とは、距離的にそんなに離れることはありません。せいぜい10m~20mではないかと思います。

【回答】
お問い合わせいただきました1対1で使用、距離も10m~20mという状況下でしたら、パワギガS(NZ-671-B)でもよいかと思います。音量的には、こちらの機種でも、大声を張り上げるくらいの大きさには充分に拡声できます。

上位機種のパワギガE(NZ-680-A)でしたら、更に出力は大きいので、こちらを音量を絞って使用することも可能ですし、違う用途で大勢にスキーを教えたり、説明をしたりといった時にも使用できると思います。パワギガEにはバッテリーインジケーターも付属します。

※どちらの機種も防水仕様ではございませんので、雨や雪で濡れますと故障の原因となります。ご注意下さい。

⇒ 手ぶら拡声器7(パワギガS)の詳細

⇒ 手ぶら拡声器8 パワギガE(エクストラ) 詳細

【この記事に関連する記事】 注目記事!!

ブラインドスキー(全盲の視覚障害者のスキー)で声の通りを


スキー場でバス案内の防水スピーカーを


防犯ブザーを視覚障害者の誘導音に


補聴器の人の近くにスピーカーを置きワイヤレスマイクを使いたい
【この記事に関する問合せ先】 

TEL:0558-22-2421 (平日9時~17時30分)
FAX:0558-23-4838 (24時間) 南豆無線電機