進行性核上性麻痺(PSP)で会話に入っていけないので


パワギガS 斜め置き
進行性核上性麻痺(PSP)という病名で声が小さく言葉がハッキリしない。人になかなか伝わらず会話に入っていけない悩みがあり、とてもつらく、何とかならないかと思っていました。

言語リハビリを受けていますが、自分でインターネットで調べ、身障者にも実績のあるパワギガを知りました。無料サンプル品に対応しているとのことだったのですぐ利用。

声が大きくなりました。言葉がハッキリしないのは自分のリハビリの努力次第だと思います。これを使用することで生活レベルがあがることを期待し買入します。無料試用が3日間というのは少し短いので1週間くらい貸してほしいな、と思いました。
U.Tさま

⇒ 手ぶら拡声器7(パワギガS)の詳細

【この記事に関連する記事】 注目記事!!

神経筋疾患で鼻マスク型の人工呼吸器で小さな声しか出せない


声の出が悪く、何を言っているのか判らない状態


発声補助(携帯用会話補助装置)として実績が高い


治療の副作用で会話が困難なので
【この記事に関する問合せ先】 

TEL:0558-22-2421 (平日9時~17時30分)
FAX:0558-23-4838 (24時間) 南豆無線電機