下咽頭ガンで声を失った。食道発声も困難なので携帯用会話補助装置を



咽喉マイクの装着イメージ

三年前に下咽頭ガンで声を失いました。再建手術のため、食道発声も困難。少しづつ声は出始めましたが、小さくて高齢の母にはなかなかうまく伝わらず困っていました。

インターネットで携帯用会話補助装置としてパワギガ+咽喉マイクの実績が高いことを知りました。Youtube食道発声をされている方の映像を拝見したり、言語聴覚士の先生や福祉関連の担当者へも相談。無料お試しができると知り、すぐにお願いしました。

類似の拡声器を使っている方もいらっしゃいますが、ボリューム調整と音声が余り良くなかったので、悩んでいましたが、今回パワギガ+を使わせていただき、その性能の良さに驚きました。

小さな声でも雑音が少なく確実に拾ってくれるので、私は勿論、家族も喜んでおります。ありがとうございました。 S.Sさま

⇒ 手ぶら拡声器5A(パワギガ+)の無料サンプル品

⇒ 携帯用会話補助装置(補助金など)の詳細

【この記事に関連する記事】 注目記事!!

経営革新計画の承認 ~ツインマイク等の開発・販売~


役所に給付券の相談


喉頭摘出で声を無しくて2年半。食道発声の会話補助装置を


ワイヤレスタイプを携帯会話補助装置で申請
【この記事に関する問合せ先】 

TEL:0558-22-2421 (平日9時~17時30分)
FAX:0558-23-4838 (24時間) 南豆無線電機