治療の副作用で会話が困難なので



咽喉マイクの装着イメージ

治療の副作用で定期的に小さな声しか出なくなってしまい会話もできない状態になります。

インターネットでマイク拡声器を検索していて咽喉マイクパワギガ+を見つけました。

将来の仕事で使えるか試したかったので(無料サンプル品の日付指定はできないが)次の副作用期間に試せればと思っていました。

今回、副作用を抑えることができたので、しっかりと使ってはいない(検証できてはいない)のですが、思っていたより音が大きかったので、もっと小さいものでも十分。咽喉マイクとの組合せだと感度が良いので、ハウリングしやすいのが少し難点かなと思った。
K.Mさま

⇒ 咽喉マイクの詳細

【この記事に関連する記事】 注目記事!!

病気で声が出にくく、電話で会話できません


仕事上での会話ができない悩み


進行性核上性麻痺(PSP)で会話に入っていけないので


性能の確認、実際の状況下で使用できるのが良い
【この記事に関する問合せ先】 

TEL:0558-22-2421 (平日9時~17時30分)
FAX:0558-23-4838 (24時間) 南豆無線電機