喉頭摘出で声を無しくて2年半。食道発声の会話補助装置を


声を無しくて2年半。
食道発声に依る発声訓練を続けている中で、発声音が低く、人に伝わるか不安な気持ちで過ごしています。

知人がインターネットで調べてくれて『咽喉マイクパワギガ+』の組合せで会話補助装置として実績が高いことを教わりました。
パワギガ+ グリル

喉頭摘出で無声になり、声を出す訓練で中々発声が出来ず、2年目より何とか声(言葉)として発声できるようになりました。

喉摘者(喉頭を摘出された人)仲間と発声訓練の場で声音が低く、このまま聞き取りにくい状態では、室外の対話が無理な様な気がしたので、『咽喉マイク&パワギガ+』の組合せで無料サンプル品を依頼しました。

以前は全く声が出ず全然拡声器できなかったが、今回は声(言葉)として拡声器できた。音量を上げ過ぎると、ハウリングがあるが、練習によって克服できると思いました。
坂田さま

⇒ 携帯用会話補助装置の詳細

【この記事に関連する記事】 注目記事!!

発声補助(携帯用会話補助装置)として実績が高い


食道発声で声が出るようになったので、拡声器を検討


喉頭気管分離術で声を失ったのでスピーカー・マイクで


喉頭摘出手術で声を失い、電気喉頭では振動音が
【この記事に関する問合せ先】 

TEL:0558-22-2421 (平日9時~17時30分)
FAX:0558-23-4838 (24時間) 南豆無線電機