高齢で難聴のため、玄関インターホンの呼出音が聞こえないので


着信音フラッシュコール NZT-380
【ご質問】
実家で一人暮らしの父が高齢で難聴のため、玄関インターホンの呼出音が聞こえません。来客者がインターホンを押したとき、父に知らせる手段は無いでしょうか?カメラ付きインターホンで来客者の顔を確認できるようにさせたと考えています。

【回答】
難聴者が家庭用電話機でご利用されるケースが多い呼出音フラッシュコールはいかがでしょう。

音センサーをインターホン親機のスピーカー付近へ貼付することで、呼出音が鳴っている時にフラッシュライトを閃光させることができます。フラッシュライトは、昼間でも充分な輝度が有ります。また、高い位置へ設置すれば視認性も確保できます。

難点としては、別の部屋にいるときに閃光を確認できないことでしょうか。往復送料をご負担して頂ければ3日間お試し頂くことも可能です。その他、詳細はお気軽にお問合せ下さい。

⇒ インターホン呼出にも利用できるフラッシュコール

【この記事に関連する記事】 注目記事!!

呼出音フラッシュコールのレンタルを開始


電話機呼出音を光(フラッシュライト)でお知らせ NZT-380


電話ベルを光でお知らせする(NZT-380) 動画説明


耳が遠くて携帯着信音が聞こえない ~ 光よりも音で
【この記事に関する問合せ先】 

TEL:0558-22-2421 (平日9時~17時30分)
FAX:0558-23-4838 (24時間) 南豆無線電機