情報意思疎通支援用具、重度障害者用意思伝達装置の支給実績が追加されました


工業技術新聞 071206
パワーギガホンパワギガ+日常生活用具の携帯用会話補助装置(情報意思疎通支援用具)、重度障害者用意思伝達装置として認められた自治体が増えました。

栃木県那須塩原市、東京都羽村市、岐阜県郡上市、埼玉県さいたま市等などが追加されました。

情報意思疎通支援用具とは
携帯用会話補助装置
・情報・通信支援用具(※)
・点字ディスプレイ
・点字器
・点字タイプライター(カナタイプライター含む)
・視覚障害用ポータブルレコーダー
・視覚障害者用活字文書読み上げ装置
・視覚障害者用拡大読書器
・視覚障害者用時計
・聴覚障害者用通信装置(ファックス等)
・聴覚障害者用情報受信装置(アイドラゴン付き)
・点字図書
・人工喉頭
・福祉電話(貸与)
・ファックス(貸与)
・視覚障害者用ワードプロセッサー(共同利用)

※情報・通信支援用具とは、障害者向けのパーソナルコンピータ周辺機器や、アプリケーションソフト等をいう。

[パワーギガホン/パワギガ+問合先]
【営業時間】平日9:00-17:30
【定 休 日】日曜・祝日・第2・4土曜日
TEL:0558-22-2446(ギガホン専用)
TEL:0558-22-2421(代)
FAX:0558-23-4838
〒415-0035 静岡県下田市東本郷2-1-5
なんず(南豆無線電機)

【この記事に関連する記事】 注目記事!!

声の出づらい身障者・障害学生を応援しています!


発声が悪く、話が伝わりにくいので、生活支援用具を


携帯用会話補助装置(日常生活用具)支給実績 2014年10月現在


携帯用会話補助装置(日常生活用具)支給実績 2013年2月現在
【この記事に関する問合せ先】 

TEL:0558-22-2421 (平日9時~17時30分)
FAX:0558-23-4838 (24時間) 南豆無線電機


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。