携帯用会話補助装置の条件は音声言語機能障害者又は肢体不自由者で発声・発語に障害


用具名

携帯用会話補助装置

障害及び程度その他の条件
音声言語機能障害者又は肢体不自由者であって、発声・発語に著しい障害を有する者 (学齢児以上)

性能
携帯式で、言葉を音声又は文章に変換する機能を有し、障害者が容易に使用し得るもの

携帯用会話補助装置の詳細

【この記事に関連する記事】 注目記事!!

日常生活用具給付実績 葛飾区 小平市 あきる野市 西宮市 他


役所に給付券の相談


日常生活用具の非課税扱いに関して


発声が悪く、話が伝わりにくいので、生活支援用具を
【この記事に関する問合せ先】 

TEL:0558-22-2421 (平日9時~17時30分)
FAX:0558-23-4838 (24時間) 南豆無線電機


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。