カテゴリー: ニュースリリース

新製品や新たに追加された情報、イベント情報などをいち早く発信するリリースノート

1 / 2041231020最後 >>


手ぶら拡声器対応 ワイヤレス咽喉マイク NZ210CjK-P NZ210CjKL-P


咽喉マイクとBluetoothコードレスモジュールと変換ケーブルの組合わせで手ぶら拡声器用のワイヤレス咽喉マイクが実現されました。咽喉マイクは標準サイズとLサイズの2タイプをラインナップ。

NZ-210CjK & CBL-SJ63SP35
コードレス咽喉マイクNZ-210CjK(またはNZ-210CjKL)と変換ケーブルCBL-SJ63SP35のセット販売。手ぶら拡声器のマイクジャックとBluetooth受信機を接続して使用します。

手ぶら拡声器用の増設ワイヤレスマイク
弊社の手ぶら拡声器シリーズに増設できるコードレス方式咽喉マイクです。現行品の推奨機種はパワギガE/パワギガMです。

⇒ 手ぶら拡声器対応コードレス咽喉マイクの詳細

咽喉マイク(ワイヤレスタイプ)リニューアル


従来型の咽喉マイクをワイヤレス化するためには、コードレスマイク送信機へ接続する際に変換ケーブルが必要でしたが、咽喉マイクがリニューアルされて変換ケーブルが不要となりました。咽喉マイク自体の価格は据え置きなので、接続の容易さに加えてコストダウン化も実現されました。

iKとjKの違いは?
型式は『i』と『j』だけの違いで酷似していますが、従来型の咽喉マイク(SH-12iK/SH-12iKL)と新型(SH-12jK/SH-12jKL)はプラグの結線が異なります。新型は中央2番ピンが未接続となっています。これにより、送信機へ接続する際の変換ケーブルが不要となりました。

放送アンプのマイク端子に挿し込むだけ
放送装置との接続は、放送装置(放送用アンプ)のマイク端子に受信機を挿し込むだけの簡単接続です。ダイナミックマイクが使える放送アンプで、径の太い(6.3φ)マイク端子ならそのまま接続可能。学校や企業の設置型アンプだけでなく、車載アンプや可搬型のポータブルアンプなど、幅広く対応します。

⇒ コードレス咽喉マイク NZ-210CjK/NZ-210CjKL

動画説明 パワギガM用送信機の複数本利用に関して

超小型ワイヤレスアンプ(パワギガM 手ぶら拡声器9)の送信機を複数本で使用する動画が公開されました。

ペアリング方式ですので基本的に本体と送信機は1:1で使用します。ご使用される状況によっては、送信機を複数の人で使いたい場合もあるかと存じます。

ペアリングは即座に完了するので、常に1つの送信機の電源が入っている状況を作り出すことで、複数本の送信機を使うことができます。(複数本の同時使用はできません)

2つ以上の送信機の電源が入っている場合は、ペアリングされている送信機以外の送信機では拡声されません。

⇒ 送信機(パワギガM用トランスミッター)詳細

1 / 2041231020最後 >>