エコーレベルを絞って、エコーをかけずに使用できますか?


NZ-M502A エコーマイク
【ご質問】
町内会でエコーマイクの購入を検討していますが、1つ教えて下さい。
会議などでエコーを掛けないで使用したい用途がほとんどです。エコーレベルの調整つまみを絞ってしまえば、エコーをかけずに使用できますか?

【回答】
エコーレベルのツマミをMIN側に絞って使用頂ければ、ほぼエコーはかからず使用することはできます。ただ少なからず電池電圧を使用するので、エコーを掛けたくない場合は、切替スイッチを「MIC」側に切替て使用することをお勧めします。
NZ-M502A エコーマイク操作スイッチ
エコーマイク NZ-502Aには、ECHO(エコー)・MIC(マイク)・OFFの切替スイッチがあります。ECHOではなく、MICを選択して使用すれば、エコーは掛らず、一般的なマイクとして使用できます。この(MIC側の)場合、乾電池が消耗していたり、乾電池が入っていなかったっとしても動作します。

また、エコーレベルを絞って使用していた場合、無意識にエコーレベルつまみに触れてしまい、突然エコーが掛ってしまう可能性もありますので、エコーを全く掛けたくない用途での使用する場合は、切替スイッチをMICの位置で使用頂いた方が良いです。

⇒ エコー内蔵マイク NZ-M502A 詳細

【この記事に関連する記事】 注目記事!!

エコーマイクの「エコー」スイッチが機能しないのは?


エコー回路内蔵マイクの動画説明


エコー内蔵マイクはパソコンにつなげますか?


コードレスエコーマイク 新発売
【この記事に関する問合せ先】 

TEL:0558-22-2421 (平日9時~17時30分)
FAX:0558-23-4838 (24時間) 南豆無線電機