パーキンソン病のシンポジウムで知った、喉マイクより、口元のマイク(ハンズフリーマイク)が


パワギガ+ ボックス
病気のため、声が出ずらい、声がちいさいと言われたし、自分でもそう思いました。また、主人とのコミュニケーションが取れなくなりそうで困っていました。

パーキンソン病のシンポジウムで手ぶら拡声器(パワギガ+)を知りました。その場で、すぐに試して喉マイクより、口元のマイク(ハンズフリーマイク)の方が良さそうと、そこまで決めて無料サンプルの送付をお願いいたしました。

とても良い。とても助かりました。ありがとうございました。
松村さま

⇒ 手ぶら拡声器5A(パワギガ+)の無料サンプル品

【この記事に関連する記事】 注目記事!!

パーキンソン病の妻が試した拡声器と喉マイク


言語聴覚士の紹介でパーキンソン病の患者へ咽喉マイクを


パワギガの実際の使い心地(重さとか)は?音質は?


講座の際、特に屋外でマイクが必要
【この記事に関する問合せ先】 

TEL:0558-22-2421 (平日9時~17時30分)
FAX:0558-23-4838 (24時間) 南豆無線電機


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。