咽喉マイクの装着位置と嚥下音(ゴックン音)


咽喉マイクの装着イメージ
喉の振動をひろう咽喉マイクの動画が公開されました。

喉仏の前方よりも横にあてがった方が集音効率が良く、音­を拾いやすくなります。

ツバを飲み込む音も拾える高感度マイクなので、嚥下障害の食物を飲み込む音(嚥下音)­の診断用として医療現場でも活用されています。

また、発声障害で小さな声しか出せない方の携帯用会話補助装置(日常生活用具)として­、咽喉マイクと高性能拡声器の組合せで数多く使われています。

⇒ 咽喉マイクの詳細

【この記事に関連する記事】 注目記事!!

咽喉マイク 2マイクユニット方式 新発売


咽喉マイクは嚥下音が明瞭


咽喉マイクのワイヤレスマイク化


咽喉マイクの有料レンタル RENT-12iK
【この記事に関する問合せ先】 

TEL:0558-22-2421 (平日9時~17時30分)
FAX:0558-23-4838 (24時間) 南豆無線電機