咽喉マイクは手ぶら拡声器用、一部のワイヤレスマイクやパソコンでも実績あり


咽喉マイクの結線図
お問合せの多い咽喉マイク SH-12iKですが、プラグ部分は左図のような結線になっています。先端から2極(ステレオでいうRとL端子)は、中で繋いであります。

咽喉マイクSH-12iKは、弊社の手ぶら拡声器のオプションマイクとして用意した特殊なマイクです。医療関係等やパソコン、ツーピース型のワイヤレスマイク等、他の用途でも利用を頂いてはおりますが、本来手ぶら拡声器シリーズ用のものですので、他製品での動作は保証しておりません。

RとLが1つの端子になっていますから、モノラルマイク対応の機器の中には、接点が合わず、ショートしてしまう場合もあります。この場合は、ステレオ→モノラルの変換アダプタを使用する必要があります。

【この記事に関連する記事】 注目記事!!

変換プラグアダプター ステレオミニ⇒モノラルミニ


変換ケーブル CBL-SJ35MP 新掲載


変換ケーブル 6.3mm ⇒ 3.5mm


助聴器のイヤホンで専用のもの以外は?
【この記事に関する問合せ先】 

TEL:0558-22-2421 (平日9時~17時30分)
FAX:0558-23-4838 (24時間) 南豆無線電機


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。