メガホン保管中、マイクのロックスイッチが入りっぱなし?


【ご質問】
ショルダーメガホンの『TM-205』を購入しました。再度使用しようとしたらとても音が小さくしか出ないのです。電池を入れたままにしておいたのですが、気づかないうちにマイク脇のスイッチが入りっぱなしで、電池が減ったのでしょうか?

【回答】
ショルダーメガホン『TM-205』のシリーズは、ハンドマイクのスイッチを押しながら上へスライドするとロックすることができるため、ロックしたまま保管して、電池が放電してしまったのかも知れません。便利なロック機能ですが、切り忘れにはご注意下さい。

その他の原因として考えられるのは、乾電池自体の問題です。新・旧が混ざっていたり、違う種類が混ざっていないでしょうか?

混在していると、電圧が下がり小さな音量しか出ないこともあります。使用される電池は必ず同じ種類(メーカー)で、新しいものを揃えてお使い下さい。電池の液漏れや故障の原因にもなります。

⇒ ショルダーメガホン TM-205 詳細

【この記事に関連する記事】 注目記事!!

ショルダーメガホン(サイレン&ホイッスル付) NZ-583MSW


ショルダーメガホンのホイッスルの音量調整はできますか?


ショルダーメガホンで防水仕様は?


最大35Wハンド兼用肩掛式メガホンのレンタル
【この記事に関する問合せ先】 

TEL:0558-22-2421 (平日9時~17時30分)
FAX:0558-23-4838 (24時間) 南豆無線電機