疲れず使いやすいショルダータイプメガフォン



疲れず使いやすいショルダータイプメガフォン TM-205TM-208。肩に掛けても、置いてもOK(マイクのカールコードは通常時約24cm、伸ばして約120cm)。

マイクロホン
口とマイクは出来るだけ近づけて使用して下さい。(1cmぐらいが最適です)。マイクが離れるとハウリングが起こりやすくなります。

音量つまみ(マイク右側)
つまみを回して適当な音量でハウリングが起きない位置に調整してお使い下さい(最小値でも充分に放送できるように最小目盛りは”2”になっています)

マイクロホンスイッチ(マイク左側)
カールコード付マイクのスイッチを押すと電源が入り、離すと切れます。スイッチを押しながら上へスライドするとロックすることが出来ます。

ホイッスルスイッチ(TM-208のみ)
本体背面ボタンを押すとホイッスルが鳴り出し、ボタンを離すと止まります。

⇒ トランジスターメガフォン TM-205 の詳細

【この記事に関連する記事】 注目記事!!

小型ショルダーメガホン NZ-584RSW 新発売


MD-46A カールコードマイク 1.5mコード(車載・呼出放送)


TRM-55A ショルダータイプメガホン


ハンドメガホン NZ-645W のホイッスルに関して
【この記事に関する問合せ先】 

TEL:0558-22-2421 (平日9時~17時30分)
FAX:0558-23-4838 (24時間) 南豆無線電機