振動(電気喉頭)で機械音、咽喉マイクは使えますか?


sh12ik-l2
【ご質問】
咽喉マイクについてお尋ねします。
機械を当ててしゃべると、振動で機械音で聞こえますが、この程度だったら、咽喉マイクが使えますか?

【回答】
『機械を、当ててしゃべると、振動で機械音で聞こえます』とのことですが、電気式人工喉頭(電気喉頭)を使用されているのでしょうか?

人工喉頭を使用されている方が、人工喉頭を使用して出した音声を、咽喉マイク+手ぶら拡声器パワギガE等で大きく拡声し、会話の補助に使用されている実績はございます。
人工喉頭では、あまり大きな音声は出せないため、人工喉頭の音声を手ぶら拡声器で拡声することで、多くの方のいるところでの会話や、騒がしいところでの会話が楽に出来るようです。

人工喉頭を使用されている方の他、食道発声で小さな声が出せるようになった方や、ご病気等で声が小さくなってしまった方々に、手ぶら拡声器と咽喉マイクは多くご愛用いただいております。
全国の市町村での補助金(日常生活用具給付券)の対象としても実績がございます。(日常生活用具給付券の補助金制度は、あくまでも自治体主体の補助金になりますので、自治体により対応は異なります。給付券に関してのお問合せはお住まいの市区町村の福祉課等担当部署にお願い致します。)

ただ、咽喉マイクは、喉の中の音声を首の外側に密着させて拾うマイクです。あくまでも音を拾うマイクの機能しかありませんので、人工喉頭の変わりになるものではありません。
人工喉頭のように、音声を作り出すことはできませんので、声がまったく出ていない状態ですと、咽喉マイクは、残念ながら使用することはできません。

⇒ 咽喉マイク SH-12iK 詳細

パワギガMとの組合わせで無料サンプルお試し品の用意もできますので、ご希望であればお試し頂くこともできます。

⇒ パワギガE・咽喉マイク 無料サンプルに関して

⇒ 携帯用会話補助装置に関して