ヘッドマイクのマイク部が重みで下がる対策は?


MIC-520 ヘッドセットマイク
【ご質問】
以前、パワギガS NZ-670-Aを購入しました。使い始めてからまだ2ヶ月ほどしか経っておりませんが、ヘッドマイクのマイクの部分が、マイクの重みで落ちてくるようになってしまいました。

マイク部の受けの旋回部がゆるくなってしまっているようです。この場合は、フレームの部分を購入しないとならないでしょうか?消耗品とはいえ、何か対策はないですか?

【回答】
ヘッドマイクフレーム(MIC520-Frame)のマイクを取り付ける旋回部がゆるんでしまった場合、ネジを絞めなおして調整できる場合がございます。状態にもよりますが、フレームのマイクホルダー旋回部の裏側のスポンジパッドをはがし、細めのドライバーでネジを増し締めしてみて下さい。

なお、このヘッドセットマイクは、ファッションメガホンNZ-520SWにも対応しています。

⇒ 分離式ヘッドセットマイク MIC-520 の詳細

【この記事に関連する記事】 注目記事!!

ヘッドマイク2種の違いは?


ヘッドマイクHM-1000のケーブル交換に関して


ヘッドマイクレンタル(RENT-806) 新掲載


机上では横向きで安定するパワギガS
【この記事に関する問合せ先】 

TEL:0558-22-2421 (平日9時~17時30分)
FAX:0558-23-4838 (24時間) 南豆無線電機