パワギガWを楽器(オカリナ 笛)の演奏用として


先日、パワギガW NZ-660-Wを購入されたUさまより、お電話を頂きました。パワギガWを使ってみての感想と、要望を伝えたいとのことでした。

パワギガW 本体+送信機

自作の笛(オカリナのようなタイプ)の演奏で、老人施設などを慰問されているそうです。放送装置が無いところが施設が多く、人数が多いところでは後ろの方が聞こえないため、重いアンプスピーカーを持ち込まなくてはならず、大変困っていたそうです。

『こんなに小型なのに音量も非常に大きくて、音質もほんとに良いです。笛の高音もしっかりと出て、楽器での使用でも素晴らしい。もっと私のように楽器演奏をする人にも勧めて下さい。』
とお褒めの言葉を頂きました。

いままでも、インターネットで見つけた1万円台の小型拡声器を何台か購入して試してみたそうですが、音が割れてしまったり、音質が悪かったり、音が小さかったりと、笛の演奏に満足のいく拡声器がなかったそうです。

そんなとき、ボランティア観光ガイドをされている友人から、その方の使用しているパワーギガホンを紹介されたそうです。ガイド仲間でも評判がよいということだったので、インターネットで調べて、ワイヤレスタイプのパワギガW NZ-660-Wを購入されたそうです。高価でしたが、思い切って購入してよかった。と仰っていました。

購入されて、喜びの声を頂きますと、嬉しいですね。ありがとうございます。最後に、使い始めて感じた、現時点での要望を頂きました。

オプションのマイクの種類を増やして欲しいとのことでした。音声を拡声する時は申し分ないが、笛を吹く時、うまく音の出る部分にマイクを持って行くことが難しいとのこと。もう少し長めのマイクがあれば、、、と。

オプションマイクに関しては、検討させて頂きます楽器も様々な形状、演奏するときの体形がありますので、なかなかすべて対応するのは難しいですが検討してみます。現行のオプションマイクの中では、タイピン型のマイクが小型で良いかもしれません。楽器自体に貼り付けたり、楽器の音の出る近くに身に付けたりと、自由度が高く、色々できると思います。

※パワギガWは完売しました
後継機種は
⇒ 手ぶら拡声器9 パワギガM(マックス) 詳細

【この記事に関連する記事】 注目記事!!

難病のSMA 幼稚園児 遠足でパワーギガホンが大活躍


ジオガイドの試験のためパワギガ+をレンタル


小さな発声でも、電話で聞き取りやすいとの言葉を


パワギガプラスよりパワギガWワイヤレスの方が
【この記事に関する問合せ先】 

TEL:0558-22-2421 (平日9時~17時30分)
FAX:0558-23-4838 (24時間) 南豆無線電機